スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.26 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【毎月不労所得】知名度低い!株や不動産などよりもかなり手堅い安定的な副収入

    0

      JUGEMテーマ:資産運用

       

       

      巷であふれている投資としては、株やFX、不動産投資などがあふれている。

      不動産投資などは押し売りのような形で、テレアポや高値で売りつけてくるような悪質な業者も多いと思う。

      株やFXなどはマイナスになるリスクもあり、投資に絶対はないもののある程度安定的に運用できる手法は何だろう。

       

       

      私は太陽光発電投資を勧めたい。

       

       

       

       

       

       

      ◆メリット

       

       ̄人冤回りがおおむね10%前後が確定している。

       

      おおまかなイメージとして、2000万の土地付き太陽光発電設備を購入した場合、年間200万の売電収入が発生する。

      電力会社の固定買取制度により20年間の間は決まった金額で発電した電力を買い取ることが保証されてる。

      10年間で2000万売電収入となり、投資分を回収した後の期間が10年の場合は200万×10年間で2000万が手持ちで残る形となる。

      ※不動産投資などでは利回り10%超のものだと中古でボロボロの物件が多く人が入居するのか怪しいものも多い。

       

      不動産投資にありがちな空室リスクがない

       

      不動産投資の場合は、人が入居してくれないと家賃収入が発生しない。不動産投資の利回りは常に人が入居してくれることが前提の利回りとなっている。太陽光発電投資については、電力会社が買い取りを20年間保証してくれるため、20年間は入居者が確保されているような投資のイメージに近い。

      金融機関ではソーラーローンといって太陽光発電投資用のローンも存在しており、太陽光発電投資の安全性が確保されているからこそラインナップとして作られているとも考えられる。

       

      節税効果がある

      法人でなく個人が行うという観点で考えても減価償却が認められているため、節税効果としても考えてよい。

      減価償却を行うことができるため売電収入に対しての税金も軽減することができるし、太陽光発電の下見のための交通費やセミナー代、書籍購入費用なども確定申告の対象とすることができる。一般のサラリーマンにこそ活用したい制度となっている。

       

       

      ◆デメリット

       

      ‥係に左右される

       

      名前の通り日照に影響を受けるため、晴れの日が少ない月が多いと発電量が伸びなくなる。

      そのため日照時間の多い県を選定し、立地等も下見が不可欠となる。

      ※私が投資を行っているエリアは、周囲が平地の田んぼで住宅が建てられない条件のため上記の条件を満たしている。

      実際に毎月の発電量は当然ながらぶれることも多いが、事前に発電量のシュミレーションについては、実際の数値の1割〜2割減でシュミレーションを立てる(業者から無料提供)ので実際の数値は多めに出る傾向が高い印象がある。

       

       

      買取制度20年経過後の売電が不透明である

       

      20年間の間の収支はかなり計算できるので20年と割り切ることもありだが、20年後の売電はどうなるのだろうか。

      こちらは逆説的に考えると見えてくるかと思う。そもそも買取制度は国の政策の一環で設定された経緯がある。

      日本は国際的に見ても風力や太陽光発電の比率が低い。原発依存からのシフトという課題がある。

      仮に20年後に一斉に買い取りをやめてしまうと日本各地に稼働しない太陽光発電パネルが投棄されるような

      事態も想像してしまう。売電価格は下がるとは思うが一切買い取らないということは政府自らが自分の首を絞めるようなものだ。

      万万が一そういったことがあったとしても20年間のシュミレーションを考えれば撤去費用を合わせて考えても損するシュミレーションが難しい投資ではある。

       

       

      ◆太陽光発電投資の流れ

       

      下記のタイナビ発電所が太陽光発電物件の数少ない大手比較サイトになる。

      私はこちらで無料会員登録をしてから気になる物件を資料請求していった。

      複数の業者から資料が来るのだが、最初に感じたのは不動産投資のような押し売りスタイルではなく、良い物件でどんどん売れてしまうため買い手に対してしつこいアプローチがなかったことが驚いた。

      私は太陽光発電を1つやっているが、2つ目を探しているものの良い物件情報はスピード勝負でどんどんなくなっていってしまう現状がある。すべて無料で情報収集を行えるので気になった方は複数の物件の資料請求を行ってみて欲しい。

      あと何年かで太陽光発電の良い物件はなくなってしまうような気がしている。

       

      投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

       

       

       

       

       

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.09.26 Wednesday
        • -
        • 19:50
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM